0 Comments

先日、台灣映画研究家 川瀬健一氏と懇談した。
日本奈良在住の川瀬健一氏は毎年3~4回台灣を訪れる。

■その理由はと聞くと・・・
―仕事の関係もあるが、台湾が好きだという。

川瀬健一氏は台灣映画の学術調査をはじめ、これに関連する社会環境などもあわせて研究し、書籍の出版もしている世界でただ一人の研究者である。

川瀬健一氏の了承をいただき概歴を下記に記させて頂きました。
【川瀨健一プロフィル】 
・龍谷大学卒業、佛教大学専攻科修了。
・「東洋思想」編集・発行人、東洋思想研究家。
・東洋の医学・宗教・武術・美術・思想などを総合した多方面から人間学を研究。
・中国・台湾・香港・マカオなど100回以上訪れ論文・著書多数を発表し、その啓蒙に活躍している。
・台湾の大学で、日本語と台湾映画史の講義を担当する。
・現在はアジア映画に興味を持ち、特に中国語圏の映画の研究に取り組んでいる。
kawase001.jpg kawase002.jpg

■今回、台灣訪問の目的は・・・
―毎年開催される「金馬獎」出席と8年の歳月をかけた書籍が出来上がったので、お世話になった方にお持ちしました。そして、国立師範大学・臺灣史研究所で「 228事件前後に台湾で上映された映画」の講演をさせてもらうためです。その他、監督や歌手・俳優・知人などとも会い、中央ラジオとロータリクラブにも顔を出すことになっています。
それに今年9月、台灣大学センターから梁蘊嫻 編『東アジアにおけるトランスナショナルな文化の伝播・交流―メディアを中心に―( 中文書名:東亞文化的傳播與交流:以媒體為中心 )』(共著)という書籍が出ましたので、お礼がてら関係者に会う予定です。

■毎回100人以上の方とお会いしているそうですが、今回の予定は・・・
-今回も一カ月の滞在中に150人前後の方とお会いすることになっています。

■出版される書籍についてなにかコメントはありますか・・・
-台灣大学からの出版された書籍は、電子本にもなっていて、無料で見てもらう事が出来ます。
(台灣大学からの出版された電子本はこちらから)
東アジアにおけるトランスナショナルな文化の伝播・交流

- 毎年出版している「台湾映画」、今年も2016年が出版されました。私のブログとホームページで、内容を紹介していますので見ていただければありがたいです。

Blog>川瀬健一 萬事如意
http://blogs.yahoo.co.jp/toyo2012s

HP>東洋思想研究所
http://web1.kcn.jp/toyo/

■巷の噂ですが、ラジオ放送にも出演したとか聞きましたが・・・
-はい、中央放送局の日本語放送で、『台湾で上映された映画の研究 1945(民国34)~1949(民国38)年』に付いて二回にわたって放送されています。下記で聞くことができます。
上段にあるイヤホンのマークを押す。第一回は31:10から、第二回は28:40から後半(川瀬の分)がスタートします。


■早速拝聴したいと思います・・・
第一回と第二回を簡単にまとめてみましたので下記からアクセスしてください。
上段タイトル部分右にあるイヤホンのマークを押してお聞きください。

■第一回は31:10頃から
日本の占領時代が終了した1945年以降、どの国の映画が主に上映されたかについて、また1947年2月28日に発生し、その後台湾全域に広がった当時の政府の民衆に対する流血弾圧事件「228事件」発生後の台湾の映画の上映状況についてのお話です。
http://japanese.rti.org.tw/whatsOn/?recordId=32350

■第二回は28:40頃から
戦後の一時期、台湾で上映されていたソ連、中共の映画に関する話題のほか、『台湾で上映された映画の研究 1945(民国34)~1949(民国38)年』出版に至るまでのエピソード、そして次回作の研究計画などについてのお話です。
http://japanese.rti.org.tw/whatsOn/?recordId=33036

日程などを見ると大変忙しい日々で、貴重なお時間を頂きありがとうございました


■それでは川瀬健一氏が永年の歳月をかけ完成した書籍の一部を紹介したい。
ご存知の方もあるかと思いますが、台灣の民主化の原点ともいわれる「228事件」、この事件で台灣では戒厳伶がひかれ、市民は一歩も外出ることすら出来ない状況でした。 
このような状況下で書籍では;
今まで出版された書籍、文献を根底から覆すと思われる内容の書籍です。
kawase003.jpg



■川瀬健一編著:
『台湾で上映された映画の研究 1945 (民国34)年~1949 (民国38)年』
精装 B5 760頁 ISBN4-9905366-8-8 C0074
【推薦者】
黄仁(国立台南芸術大学名誉博士・金馬獎特別貢献獎受賞者)
文夏(国宝級歌手・金曲獎特別貢献獎受賞者)

■youtube>中国語・一部日本語で紹介しています。
川瀬健一 台灣電影研究(1945-1949) 2016-11-23



それでは次回をお楽しみに・・・

下にある拍手ボタンをプチと押していただければ筆者は幸せです。
関連記事
スポンサーサイト
台灣多桑
Posted by台灣多桑

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply